嶋村吉洋のSports Diary☆

スポーツ愛が止まらない!!!野球、サッカー、陸上etc...トレンドからお気に入りまで、なんでも上げます☆

嶋村吉洋の大好きなプロレス《ジャーマン・スープレックス》

嶋村吉洋っす!!

 

みなさん、おはようございます♪

今回もプロレスの技について勉強していきましょう\(^o^)/\(^o^)/

 

前回も記載しましたが、プロレスの技は基本的に8つのカテゴリーに分類されます♪

今回はその中から投げ技にフォーカスしたいと思います(≧∀≦)♪

実は投げ技の中にも投げられる状況により大きく7種類に分類されます!下記参照♪

  1. 身体を抱えて投げる(-スラム)
  2. 後方から組み付いて背後へ反り投げる(-スープレックス
  3. 前方から組み付いて背後に反り投げる(-サルト、-スープレックス
  4. 持ち上げて頭頂部から落とす(-ドライバー、-バスター)
  5. 持ち上げて前方向に後頭部から背中を落とす(-ボム)
  6. 身体の一部を掴んで放り投げる(-ホイップ)
  7. 特殊な投げ(足を使って投げる、特殊な状況下を利用して投げる

 

その中でも今回は2.後方から組み付いて背後へ反り投げるの中から、

「ジャーマン・スープレックスをピックアップ♪

なんとなく聞いたことがある!という方も多いのではないでしょうか??

今回はそんなジャーマン・スープレックスについて説明します♪

 

ジャーマンスープレックス

ジャーマン・スープレックスGerman Suplex)は、プロレス技の一種である。

日本名は原爆固め(げんばくがため)。

相手の背後に回り込んで相手の腰を両手で抱え込み、自身の両手を相手の、へそのあたりでしっかりとクラッチさせて体をブリッジさせる勢いで相手を後方へと反り投げて肩口から相手を叩きつけてブリッジを崩さずにフォールを奪う。

ブリッジした際に、かかとを上げて爪先立ちになる者とベタ足の者が存在する。かかとを上げるのはフォール時にブリッジによる相手の首の圧迫を狙ったもの(落差ではなく、投げる角度に関係する)。その分、ベタ足より、ブリッジとしての安定感は減少する。

日本名は(ホールドした場合は)原爆固め。投げ捨てた場合は原爆投げと呼ばれる。また、その形から人間橋という別名も付けられている。

f:id:sports-all:20180214080749j:plain

 

なるほど♪

いろんな呼び方がある技なんですね\(^o^)/

男として、一度はチャレンジしたくなる技ではないでしょうか??笑

今日は一度誰かの背後に回り込もうかな♪