嶋村吉洋のSports Diary☆

スポーツ愛が止まらない!!!野球、サッカー、陸上etc...トレンドからお気に入りまで、なんでも上げます☆

嶋村吉洋の大好きなプロレス《16文キック》

嶋村吉洋っす!!

 

みなさん、こんばんは♪

前回、「毒霧」という反則行為を紹介させていただきましたが、今回はちゃんとルール内の技を紹介します♪

 

プロレスの技は基本的に下記の基本的に8種類のカテゴリーに分類されます♪

その中でも今回は打撃技の「16文キック」をご説明します(≧∀≦)♪

  1. 打撃技
  2. 投げ技
  3. 関節技
  4. 絞め技
  5. 飛び技
  6. 浴びせ技
  7. 押さえ込み(フォール)技
  8. 以上に当て嵌まらない特殊な技

 

16文キック

16文キック(じゅうろくもんキック)は、プロレスにおける蹴り技の一種である。

この名称は日本人プロレスラーで最初に、この技を必殺技としたジャイアント馬場が使用した時にのみ適用され一般的にはハイキック(ただし、横から蹴る本来のハイキックと区別するため、フロント・ハイキックとも呼ばれる)と言われる。アメリカ合衆国などでは、ビッグ・ブートBig Bootビッグ・ブーツとも呼ばれる)という名称で呼ばれる。カウンターで使用された場合、カウンター・キックとも呼ばれる。

 

f:id:sports-all:20180214010322j:plain

 

確かに!!

16文キックといえば、ジャイアント馬場のイメージ♪

一言でいうと単純なハイキックってことですね♪笑

次回もどんどんプロレスの技を紹介していきますよ\(^o^)/

どんどんプロレスの知識を深めて行きましょう!!!