嶋村吉洋のSports Diary☆

スポーツ愛が止まらない!!!野球、サッカー、陸上etc...トレンドからお気に入りまで、なんでも上げます☆

出ばな小手で一本を決めるコツとポイント【剣道】

練習したのは、
竹刀の振るスピードをひたすら上げる努力
をしました。

そのためには、筋力をつける必要があると考えました。

まずは竹刀、もしくは木刀の剣先(本来持つ部分とは上下逆です)を左手1本で持って、毎日何十分・何百回とひたすら振り続けました。

また、素振り用の木刀を使っての素振りも行いました。

特に素振り用の木刀は、効果が高かったように思います。

もちろん筋力をつけるだけではいけないので、普通に素振りも行い、基本の型を忘れないようにもしました。


その次に、

腰を使って打つ
ことを心がけて練習しました。

基本中の基本ですが、私にはこれができていなくて苦労しました。

反時計回りに回しながら打つ。

これを考えながら練習しました。

1回素振りをする間に、体の色々な部分を動かす。

むずかしく、最初は苦労しましたが、練習を重ねるうちに自然にできるようになりました。

毎日練習を重ねて、試合形式の練習でも、1本を決められるようになってきたころに、対外試合がありました。

練習の成果をみせる時が来て、試合で見事に勝つことができました。

練習してきた甲斐があったと思ったら、思わず泣いてしまったのを、今でも覚えています。
私のように、絶対的な弱点でも考えようによっては強力な武器になります。
私のように上背のない方は、私が行った練習法を試してみるのもいいかもしれませんね。

http://www.budosuki.com/category57/entry352.html

習得すればまさに必殺の一撃!