嶋村吉洋のSports Diary☆

スポーツ愛が止まらない!!!野球、サッカー、陸上etc...トレンドからお気に入りまで、なんでも上げます☆

剣道からKENDOへ 世界大会で見せた日本の心

 「礼」――。審判が告げると、東京・日本武道館には満場の拍手が響いた。5月29~31日に開催された世界剣道選手権。最後は男子団体の決勝を戦った日本と韓国の両チームが黙礼し、3日間の熱戦は幕を閉じた。16回目となった今回も男女の団体戦個人戦の全4種目で日本が優勝を飾ったが、世界との差の縮まりを感じさせる大会だった。

■国内競技人口、柔道の10倍

 剣道の世界選手権は3年に1度の開催だ。日本では第10回大会以来18年ぶりの開催となった今回は、1970年の第1回大会の3倍以上となる56カ国・地域から800人超の剣士が集い、世界の「KENDO」ファンを魅了した。

 全日本剣道連盟によると、日本の剣道人口は2014年末で177万人。全日本柔道連盟の登録者数16万人の約10倍を誇る。ブラジルやフランスがすでに日本の競技人口を上回っている柔道に対して、剣道は世界の7割以上を日本人が占める。韓国の剣道人口が50万人程度であることを考えれば、日韓戦が名実ともに頂上決戦。今大会も前評判通り、男子個人戦を除く3種目で日本対韓国の決勝戦となった。

競技人口の比較
           日本  世界
剣道 177万  250万
柔道 16万  数百万
野球 690万  3500万
サッカー 480万 2億7000万


 男子団体決勝では、日本の竹ノ内佑也・四段が先鋒(せんぽう)戦を制しながら、韓国が次鋒で面2本を連取してすぐさま逆転。中堅戦で相手の猛攻を受けて「気持ちにスイッチが入った」という正代正博・六段が、「先」を取る小手2本を決めてリードを奪い返した。

 副将戦は相手に打つ機会を与える「間」を作らないつばぜり合いの応酬で、互いに譲らず引き分け。優勝がかかった大将戦で日本は内村良一・錬士六段を迎えた。

■自国開催の重圧乗り越えた日本勢

 時間とともに1本の重みが増し、チケット売り切れの満員の日本武道館からは一挙一動にどよめきが起きる異様な雰囲気となった。石田利也監督に「攻めながら守ることができる」と信頼される35歳の内村は、若手中心のチームで数少ない世界選手権の経験者。しかも優勝の喜びだけでなく、2006年大会では初めて団体優勝を逃すという苦い経験も味わっている。1本の重みを誰よりも知る主将は、鉄壁の守りで若手がもたらした虎の子のリードを世界一の座とともに何とか守り切った。勝負を分けたのは日韓の実力の差というよりは、ホームでの応援の差だったかもしれないと思うくらいの接戦だった。

 「ここで歴史を変えるわけにはいかないと思いました」。韓国勢の躍進で、女子個人戦で初めて日本人以外との決勝を戦った松本弥月・四段は、試合前の心境をこう振り返る。女子は団体・個人戦で優勝を譲ったことはない。男子団体は06年に優勝を逃したが、日韓対決で直接敗れたことはない。

 今回は第1回大会以来45年ぶりに日本武道館での開催ということで、お家芸の伝統を守るため、日本チームにかかった重圧は想像以上に大きかった。男子個人で優勝した網代忠勝・錬士六段も「日本人と当たるまでは絶対に負けられないと思っていた」と打ち明けた。

 世界選手権の優勝経験を持つ宮崎正裕女子監督は「日本が1番だという思いはあるが、今までのような差は無くなってきている」と認める。海外勢は恵まれた体格を利用して力強い当たりで相手を崩す攻めを得意とする。日本も「パワー剣道に対する練習は積んできた」と宮崎監督。

■パワー剣道で日本に挑んだ海外勢

 女子団体決勝は強気の押し合いが目立つ荒れ気味の展開となり、日本選手に反則が言い渡される場面もあった。韓国勢の地力の向上と、それに伴うパワー剣道への適応は、剣道の国際化の副産物ともいえるかもしれない。

 欧州勢も着実に力を付けてきた印象だ。男子団体でベスト4に入ったハンガリーは構えも打ちもしっかりしていて、防具に国旗が着いていない通常の稽古を見る限りは、欧州の剣士だと気づくことはないだろう。

 クールジャパンを体現する武士道が、欧州を中心とする海外勢の心をひきつける流れは今後も続くはずだ。男子個人で韓国選手に2本勝ちして会場を沸かせたポーランドのボサック選手は竹ノ内に敗れはしたものの、きれいな礼を残して会場を後にした。

 「竹ノ内さん、ありがとうございました」。会場の隅では自分に勝った相手に律義に挨拶するボサック選手の姿があった。声をかけてみると、「タフな相手だった。でも次は勝ちたい」と充実した表情で話してくれた。

 ほほ笑ましい出来事もあった。日本対ブラジルの男子団体戦で、試合途中に面が取れてしまったブラジルのタケイ選手がコート上で面を付け直した際のこと。タケイ選手が広げた手拭いには日本のキャラクター、くまモンの顔があしらわれていた。試合後、タケイ選手は「この顔を見ると愛犬を思い出すから使っている」と言ってにっこり笑った。遠い異国の地で、王者日本を相手に先陣を切った緊張を愛犬の残像が癒やしてくれたのかもしれない。ただ、くまモンを見た会場のざわつきに「この“パンダ”はそんなに人気なのか」と不思議な様子。くまモンが何者かは知らなかったようだ。

■二刀流も登場、日本選手にもヒントに

 剣道界の頂点に君臨する日本は、サッカーでいえば欧州勢、野球でいえば米メジャーリーグのような存在だろうか。日本の剣道に憧れる世界中の剣士の耳目が集まれば、スポーツという媒体を通して、ゆるキャラなどの日本の文化を発信する絶好の機会となるはずだ。

 日本ではほとんど見ることのない二刀流対決も中国対スウェーデン個人戦で実現した。日本代表チームの最年少、18歳の山田凌平・三段も今大会で二刀流と生まれて初めて戦ったという。「とにかく空いたところを打つことだけを心がけた」というが、多様な剣風と接する機会が増えれば、新たな戦い方のヒントに気づくかもしれない。

 スポーツの国際化といえば、どうしても五輪を連想してしまう。日本発祥の柔道はあっという間に「JUDO」として世界中に広まった。ただ、剣道に限っていえば「国際化=五輪」とは必ずしもならないようだ。閉会式では韓国の李種林・国際剣道連盟副会長が剣道の五輪種目入りへの協力を呼びかけたが、会場の拍手はまばらだった。全日本剣道連盟も「3年に1度の世界選手権で国際化には十分に取り組んでいる」(広報担当者)という立場だ。

■広がらない五輪熱に見える複雑な思い

 五輪で剣道を見られないことを剣道ファンは寂しく思いつつ、それに誇りを持っている感もある。世界中の人に知ってほしい、世界の人たちとも剣を交えたいという思いはあるが、急速に広めることで剣道精神が希薄化するのは避けたい。そんな複雑な思いがあるのではないか。

世界剣道選手権の歴代団体戦優勝国
              年 男子 女子 開催地
第1回 1970 日本   日本
第2回 73 日本   米国
第3回 76 日本   英国
第4回 79 日本   日本
第5回 82 日本   ブラジル
第6回 85 日本   フランス
第7回 88 日本   韓国
第8回 91 日本   カナダ
第9回 94 日本   フランス
第10回 97 日本 日本 日本
第11回 2000 日本 日本 米国
第12回 03 日本 日本 英国
第13回 06 韓国 日本 台湾
第14回 09 日本 日本 ブラジル
第15回 12 日本 日本 イタリア
第16回 15 日本 日本 日本

 


 相手を敬うため、ガッツポーズをすれば1本を取り消される特殊な競技を、商業化が進んだ五輪になじませるのは容易ではない。女子の表彰式の直後、締め切り時間に追われて何とか写真を撮りたいと呼び止める記者たちを横目に、選手は指導者への挨拶を優先させた。女子主将の佐久間陽子・五段が「こういう競技なんで、すみません」と記者団に明るく答えながら指導者のもとに駆け寄ったのも礼節を重んじる剣道の真理を表している。

 今大会では来場者への禁止事項として「Throwing any items into the arena and seats(試合会場・観覧席への物投げ行為)」が明記された。国内の大会ではあまり見ない注意書きだ。1988年に韓国で開かれた世界選手権では、判定をめぐって空き缶が投げ込まれることがあった。前回大会でも決勝戦の判定に不服を示した韓国人選手が整列を拒否する場面があり、勝負と礼節を両立する剣道の国際化の難しさを映した。

■敗れてなお潔かった韓国選手たち

 今回は決勝で惜しくも敗れた韓国男子選手たちの態度は潔く、作法も美しかった。戦い終えて退場する韓国勢にも温かい拍手が送られ、大会を通じてマナーの向上を感想にあげる関係者は多かった。先述の注意書きが消える日も近いかもしれない。3年後の世界大会の開催地はくしくもその韓国。剣道精神の充実を見せるライバルの存在は、試合でのさらなる接戦をも予想させる。

 国際化に向けて課題を感じさせたのは、審判の判定のあり方だ。剣道では3人の審判が「気合」「剣の作用」「体さばき」を総合的に判断して1本を決める。レフト前ヒットを狙った振り遅れがライト前に転がっても安打となる野球や、パスがそのままゴールに吸い込まれて得点となるサッカーとは違い、面を打つという意志を持って面を打たないと1本にならない。そこが単なる競技スポーツと違う奥深さでもある。

■さらなる普及へ審判判定の難しさ課題

 これらの一連の判断を審判は旗の上げ下げだけで表すわけだが、会場で見ていても初心者には何が起きたかほとんどわからない。ビデオ判定は採用されておらず、0.1秒以下の一瞬の差を目だけで判定する難しい立場は、選手のレベルが上がるほどに重圧も高まる。今大会でも判定をめぐって観客が首をかしげる場面が何回かあった。リアルタイムの動画配信やSNSを使った情報発信など、新しい技術を使った運営側の努力も光っただけに、審判のあり方という根本的な課題が際立った。

 「3年間、この時のためにやってきた。感無量です」。男子団体の優勝インタビューで選手の口火を切った升田良・五段の目には涙があふれた。日本チームは月1回のペースで合宿を重ねてきた。その過程でメンバーは男女各10人まで絞り込まれ、その分、重圧も高まった。日本の期待を背負って戦った選手たちは、表彰式後には柔らかい顔に戻り、重い防具と竹刀を自分の手で持って日本武道館を後にした。その姿は剣道を始めた頃と変わらないが、歩む道は確かに世界のKENDOへと続いている。

 

https://www.nikkei.com/news/print-article/?R_FLG=0&bf=0&ng=DGXMZO87539520R00C15A6000000&uah=DF251020129589

 

日本の文化、精神。世界へ広がっていますね。