嶋村吉洋のSports Diary☆

スポーツ愛が止まらない!!!野球、サッカー、陸上etc...トレンドからお気に入りまで、なんでも上げます☆

【基本編③】バレーボールのポジションについて♪(*´▽`*)

バレーボールのポジションには大きく「前衛プレイヤー」、「後衛プレイヤー」があります♪(`・ω・´)

 

===================================================================

前衛プレイヤー:主にアタック・スパイク・ブロックなどの役割

後衛プレイヤー:主に相手の攻撃を受け止めるレシーブ・バックアタックなどの攻撃の役割

 

ネットに向かって左からレフト、センター、ライトと呼び、前衛3人、後衛3人に分かれております♪(^O^)/

===================================================================

 

更に具体的にすると・・・

スパイカー

バレーボールの花形的存在であるスパイカーは、”エーススパイカー”センタースパイカーに分けられます♪♪

 

■セッター

チームの司令塔であるセッター

ゲームの状況、相手ブロッカーの動きを冷静に読み取っていく判断力などが求められる、最も重要なポジションと言えるでしょう♪

 

■ブロッカー

相手チームのスパイクを止める役割であるブロッカー

基本前衛選手がブロックに回るので、高さとテクニック、どんなスパイクにも恐れない勇気が必要となるポジションです♪

 

リベロ

比較的新しく生まれたポジションであるリベロ

チーム内にてレシーブが最も上手いスペシャリストが選ばれるポジションです。

試合ではチームで1人だけ違うユニフォームを着用するので、非常に目立つ存在です♪

 

■レシーバー

相手チームのサーブやスパイクを上手く拾う役割なのがレシーバー。

どんなボールでもレシーブでセッターの元に返す事ができる正確性を問われます♪

また、試合後半でチームがピンチの時に出場することが多いので、精神的な強さも兼ね備えている必要があります♪

 

以上が、バレーボールのポジションでした!!!ヾ(≧▽≦)

次回は、「バレーボールの応用編①」に入りたいと思います!!!