嶋村吉洋のSports Diary☆

スポーツ愛が止まらない!!!野球、サッカー、陸上etc...トレンドからお気に入りまで、なんでも上げます☆

にわか卒業日記~野球編~

どうも、なーさんです☆

 

最初は21点先取だったんですね!

 

得点多w

 

そしてキリ悪いw

 

ということで、ルールの変遷について☆

野球の歴史 - Wikipediaより出典

 

ルールの変遷[編集]

ベースボールは誕生した後もルールの変更を繰り返している。ルールの度重なる変更の狙いは「試合時間の短縮化」と「試合のスリリング化」の2つが挙げられる。

試合進行について[編集]

ベースボールが誕生した当初は21点先取制だったが、あまりにも時間がかかりすぎるために、1857年に「9回終了時に得点が多かったチームの勝ち」になった。

守備について[編集]

  • ノーバウンド捕球だけでなく、ワンバウンド捕球でも打者はアウトだった。
  • 1864年にワンバウンド捕球=アウトが廃止され、ノーバウンドのときのみアウトとされた。

塁間について[編集]

初の本格的野球チーム、ニッカーボッカーズは投手と打者の距離を特に決めておらず、塁間の距離も特定していなかった。ただ、「本塁から二塁までが42ペイス、一塁から三塁までも42ペイス」と書いていただけに過ぎなかった。1ペイス=3フィートで計算すると2014年現在の90フィート(約27.4m)とほとんど変わらない塁間89フィート(約27.1m)となる。ところが、1845年頃のペイスは研究家によって2フィート半を意味していたことが判明しており、これに従うと1850年代途中ぐらいまではほぼ確実に本塁から二塁までが105フィート(約32m)で塁間は74.25フィート(約23m)であったことになる[3]

 

そして投球についてがめちゃくちゃ変わっているw

 

そちらは、、、続く!!