嶋村吉洋のSports Diary☆

スポーツ愛が止まらない!!!野球、サッカー、陸上etc...トレンドからお気に入りまで、なんでも上げます☆

にわか卒業日記~野球編~

どうも、なーさんです☆

 

投球については、紆余曲折があったのですね!

 

やっぱりキーになるよね(>_<)

 

野球の歴史 - Wikipediaより出典

 

投球について[編集]

最初は投手には下手投げのみが許可され、手首のスナップを使うことが認められておらず、打者は投手にコースの指定ができた。

  • 1858年:見逃しに「ストライク」(打て)のコールがされるようになる。
  • 1863年:真ん中付近を通らない球に「ボール」のコールがされるようになる。
  • 1872年:スナップスローが解禁される。
  • 1879年:全ての打たれなかった投球はストライクかボールに区分され,9ボールで一塁へ。
  • 1880年:8ボールで一塁へ。捕手が3ストライク目の球を直接捕球すれば打者は三振でアウトが取られるようになった。
  • 1881年:投手と打者の距離が45フィートから50フィートへ延長された。
  • 1882年:7ボールで一塁へ。横手投げが解禁される。
  • 1884年:6ボールで一塁へ。上手投げが解禁される。
  • 1886年:7ボールで一塁へ。
  • 1887年:打者が投手に投球コースを指定できなくなった。5ボールで一塁へ。この年のみ5ボールは安打と記録され、4ストライクでアウトに。死球で一塁が与えられた。
  • 1889年:4ボールで一塁へ。
  • 1893年:投手と本塁の距離が50フィートから60フィート6インチに。

 

紆余曲折がw

 

ボールも最初9ボールってすごい多いw

 

めっちゃ野球やりたいじゃんw

 

てゆーか、21点先取とかめっちゃキリ悪いって話しましたが、

テニスでも0→15→30→40ですが

 

キリ悪くね?w

 

気になるので、次回はその話!!