嶋村吉洋のSports Diary☆

スポーツ愛が止まらない!!!野球、サッカー、陸上etc...トレンドからお気に入りまで、なんでも上げます☆

はぴば!佐田繁理さん

どうも、なーさんです☆

 

本日12月13日は、佐田繁理さんのお誕生日です~~~(#^.^#)

 

佐田 繁理(さだ しげり、1954年12月13日 - )は、長崎県長崎市出身の芸能プロモーター、元サッカー選手。現さだ企画代表取締役社長。兄はシンガーソングライターさだまさし。妹は歌手の佐田玲子。血液型はB型。

Wikipediaより出典

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E7%94%B0%E7%B9%81%E7%90%86

 

そう!サッカー選手なのです!

 

からの実業家!

 

からのさだまさしさんの弟さん!

 

ということで、いろいろな作品にもモデルとしてでているとのこと☆

 

佐田繁理をモデルとする作品[編集]

兄であるさだまさしの楽曲にはしばしば「弟」が登場する。

このほか、「案山子」は留学中の繁理を題材に歌ったものといわれる。また、まさしの児童文学作品『ふうせんのはか』は、少年時代の繁理が縁日で買った風船(妹の玲子が最初は飛ばしてしまい、泣いてるところをもう1個買ってもらって、玲子の指に結びつけてやったが、水素ガスが抜けてがしぼんでしまったためショックを受け、墓を作ったエピソードが元になっている。さらに、まさしのステージトークのネタには「弟と犬」という、小学生の頃に妹の玲子を咬んだ近所の犬に繁理が腹を立て、犬に真剣勝負を挑んだ時の話があり、『さだまさしトーク・ベスト』に収録されている。

一方、妹の佐田玲子も「兄貴をよろしく」という楽曲を作っている(アルバム『CINQ』に収録)。直接のモデルではないものの、白鳥座の楽曲に「タイムアップ」というサッカーをモチーフにしたものがあり(アルバム『DENEB』に収録)、当時白鳥座のマネージャーであった繁理の影響がうかがえる。

Wikipediaより出典

 

こういうのうれしいよなあ!!(#^.^#)

 

自分のことをうたってくれるなんて!

 

今日はそんな仲よし兄弟の弟さん、佐田繁理さんのお誕生日でした☆